--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | CM(-) | ページリンク
2007.10.15
難所を越えた
そろそろ公開できそうです。

実は最近まで、ある1つの作業が行えないために作業がストップしていました。
それは「プログラムをロードする」という事。

例えば、プログラムのチップが3×3だったとします。

□□□
□□□
□□□

そして、そこにプログラムを入れたとします。

■■□
□■■
□□■

さて、ここでセーブして終了、次にロードします。
手順としては…

1.装備しているメモリに従ってマップチップ(空)を作成
2.ファイルをロード
3.マップチップにプログラムを格納

と言う感じ、そしてここが問題になりました。
マップチップは現在装備しているメモリに準じて生成されます。
つまり、読み込んだプログラムと現在のマップチップが合わないと言う現象ですね。

□□□□
□□□□

このマップにファイルをロードすると…

■■□×
□■■×


こういうバグった状態になります。
「×」の部分はロードしたファイルには存在しないチップだからです。
そして実際プログラム画面で×部分のチップが動作しなくなります。
これを解決するために最近1週間を費やしていました。

最終的には…

1.装備しているメモリに従ってマップチップ(空)を作成
2.ファイルをロード
3.マップチップにプログラムを格納

に加え…

4.マップチップを再チェックしバグった部分を直す

と言う作業を追加しました。

や、すぐ調べれば分かった事だったんですが、バグった部分は「undefined」と言う
「ここには何もありませんよ」と言う状態が格納されていたんですね。
しかもこれは「null」、プログラムで言う「空っぽ」と同意義との事。

これが分かれば後は簡単「マップチップを調べてnull(undefined)だったら直す」
と言うプログラムを組んで解決しました。

持つべき物は参考書とgoogleですね。

1人で遊ぶ分には問題ないレベルだと思いますが、パスワードは完全に手付かずです(笑
もう少しお待ちを~
スポンサーサイト

ゲーム製作 | CM(0) | ページリンク

★コメント

★コメント投稿








管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。