--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | CM(-) | ページリンク
2007.09.16
映画「ヱヴァンゲリヲン・序」
とうとう見ました


そもそもエヴァは、中学校時代に「なんかブームらしい」という話を聞いて
たまたまやっていた深夜4日連続放送を見たのが最初。

そして、ドハマりしましてね(ありがちなパターン

その頃、子安の子の字も知らなかった純朴な少年は覚醒し、
見事PHSに巨大なペンペンを付けて登校するようになりました。

もちろん女神なんてなれないし、神話にもなりませんでした。

まだその頃はカセットだったかな?友達から借りたCDをカセットに移してヘビーローテ。
そして使徒の名前を覚え、台詞を覚え、設定を考察し、ネット小説を読み漁り、
事あるごとに手を握ったり開いたりする頃には立派なエヴァオタになっていました。

そんな嵐のごとく過ぎ去ったエヴァが、今回ヱヴァとなって帰ってきたのです。

GAINAXの金稼ぎ? あくどい商法? 長門は俺の嫁?(ちょっと違う

そんなのは関係ねぇ!(実は一度もこのネタ見た事ありません

エヴァが出るなら見る、それだけだ。
「シンプルがいい!」とベイビィフェイス先生も言っていたしな。

さて、これ以上語ると収集が付かないので、感想に移ります。

簡単に言うと、昔の内容を現代のアニメ技術で再現したって感じでした。
大事な所は抑えつつ、小難しい言葉はできるだけ排除、そして映像は派手に。

個人的に嬉しかったのは、声優さんの声が全部一緒な上に、誰も衰えを見せていない所。
「なぜだ! 直撃のはずだ!」と言った名前のないオッサンもおそらく同じ人だと思う。
GAINAXはやっぱり見る人の事を徹底的に考えているね、良くも悪くも

演出が光ったのはラミエル戦。

もともと雷の天使として、あの超威力レーザーだったわけですが、
映画はラミエル本体の形状も見事にやってくれました。
ぶっちゃけあーゆーシューティングありそう。

そして「日本中の電気を使って撃ち抜く」と言う設定を、最大限の映像で見る喜び。
飛び交う通信、設置される大仰な機械、忙しそうに動き回るメカニック
「多少遅れていますが、間に合わせます!」と言う粋な台詞。

自分は1つの事に総動員してあたるって演出に弱いので、
こういうシーンは意味もなく泣きそうになります。

わかっているけどピンチになり、そしてギリギリで勝つ。
かっこいいじゃないか、それでこそヒーローだ。

総括

今回は「序」って事で、手堅くまとまっていますが。
ちゃんとラミエル戦を山場として、これだけ見ても十分に面白い出来でした。
次回予告を見ると、これからどういう話になるのかさっぱり検討が付きません。
次の「破」が楽しみです。 93点
スポンサーサイト

映画 | CM(0) | ページリンク

★コメント

★コメント投稿








管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。