--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | CM(-) | ページリンク
2009.03.06
○○ハサミ
「鼻毛切り」が欲しいなぁ。
そう思った俺は、いきつけの雑貨屋へ向かった…(ハードボイルド風で残念な書き出し。

俺の行きつけの100円均一ショップは、狭いながらも食料から雑貨まで
かなりピンポイントな商品を仕入れていて人気のお店だ。
この前、思わずお菓子のハーベストを4種コンプリートしてしまいました。

ノーマル、チョコ、バタートースト、抹茶。
つーか抹茶なんてあったのかよ!?(味は微妙でした。

颯爽と入店した俺は、いつもは見向きもしない美容コーナーを探索。
はさみー、はさみーっと。

…お、これか。

青いパッケージに大きく「鼻毛カットに!」と書いてある。
ストレートだなぁ…と思いながら手に取ると、色が気に入らなかった。

こういうのって大抵色違いがあるもの、と言うか
この店の戦略上色違いは必ずあるはず(どこの専門家だ。

…2列に並んでいて両方同じ色…か。

…ふ、解けた!

おそらく本当は2種類色があったのだろう、しかし誰かが間違って戻す場所を間違えたのだ。
つまり、この後ろには違う色が置いてある!

ガシッ

おもむろに最初のハサミをどかした。

するとそこには…ピンクのハサミ。

…まぁ、そういう事もあるよな、男性用と女性用があっても不思議じゃない。
だって鼻毛は女性でも伸びるし(真理です。

ふと、色違いのピンクのハサミに違和感を持った。
「…?」
思わず手にとって見る、色以外は全くさっきと同じハサミだが…


「美容ハサミ」


女性に鼻毛はあるが、鼻毛という単語は無いんですね(これも真理です
スポンサーサイト


日記 | CM(0) | ページリンク

★コメント

★コメント投稿








管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。