--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | CM(-) | ページリンク
2007.08.23
映画「ミノタウロス」
B級具合に酔いしれろ!


先日、休日の暇つぶしにTSUTAYAで「ミノタウロス」と言う映画を借りました。

書いてあったPOPは「劇場未公開の名作」しかもランキング2位。
誰が決めた基準なのかさっぱりだけどお勧めって事でしょう。

一緒に借りる「キューブ ファイナル」の気分を回復させるには丁度良いかもしれません。
俺は魂の共鳴を感じ、一緒に借りる事にしました。


皆さんは恐らくギリシャ神話を少なからずかじった事があるはず。
占いや、モチーフにしたゲーム、もしくは聖闘士☆星矢(1つ具体的
その中でも必ず名前を聞いたことがあるであろう「ミノタウロス」

その昔ギリシャの国ミノスは自分達だけの神を作り出そうと人間と雄牛を交わらせた
そして母親の腹を破って出てきたのはミノタウロスだった。

次第に凶暴になるミノタウロスに困った王様は、ミノスの地下にある迷宮に閉じ込めてしまう。
その代わり、数年に1度人間を生け贄として地下に送り込んだ。
しかし生け贄の中にいた勇敢な若者にミノタウロスは倒される、と言うのが伝説のあらすじです。

※迷宮の中を糸を目印に進んで帰還した話と同一でしたっけ?

今回の主人公は1つ前の生け贄で彼女を連れ去られて腑抜け切った村長の息子。
しかし自暴自棄な所に謎の老婆が現れ「彼女は今でも迷宮の奥で待っている」と主人公に告げる。
テンション上がってきた主人公は、次期村長という立場も気にせず生け贄に紛れ込みます。

ここから主人公の「彼女は生きている」「俺を待っている」と言う
必死と言うかむしろ電波な発言と行動が目立ち始め、
とうとう他の仲間から「おまえは彼女以外どうでもいいのか」とか
「おまえは人間じゃない、獣だよ」と言われる始末。

話はちょっと変わるのですが、この映画のキャッチコピーは
「ミノタウロスはただの獣か、それとも…」というものでした(うろ覚えですが

これはミノタウロスが例え凶暴であったとしても、
曲がりなりにも神としての何かを秘めている、そして主人公達と戦うのだと思っていました

まぁ、過去形なのでもう予想はついてると思いますが、この映画のミノタウロスは
どう見ても立派な牛型モンスターです、本当にありがとうございました。

キャッチコピーで煽っといてさらに上を行くとは…さすが神様はやる事が違いますね。
むしろ電波で暴走した主人公を揶揄して「獣VS獣」とかのが良かった気がします。

敵は角しか使わないし、入れられた迷宮もショボいし、て言うか出口あるし。
結局は神話をモチーフにしたモンスターパニック物なんですね。

しかし! この程度のクオリティで驚いて貰っちゃ困る。

彼女が残してくれた形見は壁にぶつけるとなぜか火打石のように火花が出ます。

そして、迷宮にはガスが充満しています。

…そう。

…ミノス王国の神として崇められた敵を殺す方法は爆発オチでした。


ミノタウロスを挑発する主人公!

気づいて追ってくるミノタウロス!

走りながら彼女の形見を壁にこすり付ける主人公!

着火したガスに巻きこまれるミノタウロス!


歴史に語り継がれる戦いとは思えません。


その後迷宮の上にあった王国にも被害が及んでなんだかんだで王様死亡。
序盤からお色気担当として付いてきていた女王様が綺麗に締めて完。

なんとなくギリシャ神話的で面白そうだと思って借りたのが大成功でした(成功なんだ!?
「アナコンダ」とか「グリード」とか「リヴァイアサン」とか、
クリーチャー系映画があればご飯3杯はいける人にお勧めです。

間違っても神話との差異とかそういうのを気にしちゃダメですよ。
これはミノタウロスをベースにしたリミックス物なんですから。
スポンサーサイト

映画 | CM(0) | ページリンク

★コメント

★コメント投稿








管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。