--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | CM(-) | ページリンク
2008.02.18
映画「空の境界 三章」90点
まだ学生時代だった頃、国語の教科書に載っていた一文
「その時、”アッシャー家の崩壊”という単語が浮かんだ」

アッシャー家の崩壊という本があるのは知っていますが、
肝心のこの一文が出たお話を覚えていません、誰か知ってる人はいるかなぁ?


そんなあてどない募集は置いといて、映画レビューです。
今回もテアトル新宿まで足を運びました。

映像や内容に関しては満足、でも今回語るべきなのはそこではなく、
うちの彼女さんのお話なのだ。

映画に行く当日、多少予備知識を入れておこうと、
空の境界のレビューサイトを巡回した時の事。

1件目
「映像はとても綺麗でした、しかし序盤のあの表現はちょっと」

…ん?

2件目
「慣れてる人ならともかく、普通の人がみたら間違い無く21禁ぐらいありそう」

ん~?

3件目
「序盤が(ある意味)最大の山場です」


あばばばばばばば

まぁ、こういう場なので表現は抑えますが「かなり性的なシーン」が含まれているようでした。
おいおい、こういうのをカップルで見に行くのってどうよ?

すでにチケットもお願いしているので後には引けず、
どんなクレームでもそんなに気にしない俺が、その日ずっと胃痛に悩まされました

合流してさぁ行こう、という段階でさすがに堪え切れずに白状しました。
「そういうシーンもあるので、出来ればやめるか、今度にしよう」と。

以下 彼女さんのコメントを武士風に

「貴様…ここが人の往来の激しい場所で無ければ切り伏せていたぞ」

「見るのをためらっているのは私ではない、むしろ貴様ではないか!」

「覚悟が足りないのは、私ではない、貴様ではないか!」

「月姫の原作者の作品と聞いて、この私が覚悟を決めずに見ていると思っていたのか!」

「貴様と付き合っているこの私に、その程度の覚悟がないと思っているのか!!!」


怒られました。
げんしけんで笹原も言っていましたが「俺に足りないのは覚悟だ」って事です。
誘って、一緒に見に行くと決めた時点で、どんな事があっても見る、それが覚悟です。
なのに俺が及び腰になってしまった事が、彼女の怒った1番の原因でした。
最近めっきり尻に引かれまくって立つ瀬が無いんですが、これは適わないわ、と思いました。

その後、しっかり2人で映画を見ました。

「え~っと…どうだった?」

鑑賞後、恐る恐る聞いて見た。

「骨が折れるシーンが怖かったー!」

え? そっち?
スポンサーサイト


映画 | CM(0) | ページリンク

★コメント

★コメント投稿








管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。